梱包無しの場合は?

引越しの梱包作業は、大家族の家庭である場合、梱包作業の費用だけで10万円近く請求されることもあります。そのため、引越し作業だけでもかなりの費用を請求されるので、少しでもコストを下げるために自分で梱包作業する対策が重要です。梱包をする際の段ボール箱は、引越し業者に言えば無料で提供してもらえるので、ガムテープなども一緒に多めに請求しておくようにします。

お皿やコップなどの割れ物を段ボール箱に梱包していく作業は以外と時間がかかってしまうので、引越しを予定しているかなり前の段階から始める必要があります。キッチンで使うお皿などは、大半が食器棚に並べられており、毎日使わない物が多いはずです。このような、数日中では出番のないお皿から順番に梱包していきます。

そのように段取り良く作業をし、引越しの前日に毎日使っている道具を梱包すると、スムーズに全ての梱包作業を終えることができるはずです。「使わない物を先に梱包する」というルールで考えていけば、引越し前に梱包できる道具は非常に多いはずです。時間さえずらせば自分で全て梱包できるので、引越し業者に任せずに自分ですることによって、少しでもコストを下げるために努力することが大事です。